特集

 

ルーンミッドガッツ王家(ストーリーガイド)

ストーリーガイド ルーンミッドガッツ王国

ミッドガルド大陸南部の大国。広い国土に点在する都市は、地方によって独自の文化を持っている。

ルーンミッドガッツ王国とは

建国と七王家ルーンミッドガッツ王国は、ゲオルグ・トリスタン1世を中心に7名の建国者によって建国された。

ルーンミッドガッツ王国の現在

ゲオルグ家への呪い建国者を祖先に持つゲオルグ家、その長男は、ヨルムンガンドの呪いで必ず死ぬ。 プロンテラ大聖堂の地下に、ゲオルグ家の長男、次男、三男の遺体が埋葬されている。 そしてこの毒を使用した者は、ルーンミッドガッツ王国以外の国が関与している可能性が浮上する。 国王「トリスタン3世」の行方王国の重要人物が行方不明になるという事件が起き、プロンテラ大聖堂の神父が調査にのりだした。 誘拐した人物の扱いに困ったニルエンは、その重鎮をある場所に幽閉した。
王位継承問題
トリスタン3世の崩御、それは次の王位を決める必要があることを意味する。七王家の候補の中で、王位に最も近い一人と評されていたのはバルター家の王子アイゼン・アルムであった。

ルーンミッドガッツ王国の今後

魔王モロクとの長い戦乱が終わり、プロンテラ城では祝宴が行われている。

ページトップへ