サイトトップ >ニュース >お知らせ >お知らせ

お知らせ

3次職アップデート後の不具合対応・バランス調整の進捗をUSTREAMでご報告!「BOSSの部屋 ON AIR」配信決定!

【更新】最終更新日:2011/01/31 掲載日:2011/01/13
平素より、ラグナロクオンラインをご愛顧いただきありがとうございます。

また、「3次職アップデート後の不具合修正とバランス調整」につきまして、日々多くのご意見をWEBヘルプデスクにご投稿いただき、ありがとうございます。

ラグナロクオンライン運営チームでは、今後もユーザーの皆様に、進捗状況や弊社の見解などをお伝えする機会を積極的に作っていきたいと考えております。

そこで1月29日(土)に、WEBヘルプデスクおよび、先日開催しました「ラグナロクオンライン カンファレンス&パーティー」での投稿のうち、特に多いご意見・ご質問について、改めて現状をお話させていただきたく、USTREAM放送を実施させていただきます。ぜひご視聴ください。
【2011/01/31 更新】――――――――――――――――――――――――――――――――――
「BOSSの部屋 ON AIR」の配信は終了しました。
現在、該当チャンネルにてアーカイブを公開しております。

今回の放送では、冒頭に「3次職アップデートの目的」についてお話しさせていただきました。

Gravityの開発チームは、3次職アップデートでおもに
・「DEF100で無敵になってしまう」などの、システム上の限界を突破する
・「強力すぎるスキルがある」などの、既存の問題点を解決する
という、2点の目的達成を目指し、システムの変更や3次職の追加、スキルバランスの調整を行ないました。

その結果、スキル性能の方向性が変わってしまったものなどもあり、「プレイ感が損なわれた」という新たな問題が発生しました。その際、日本の運営チームとしては「プレイ感の維持が重要」と考え、まずは「元に戻してほしい」とGravityの開発スタッフに要望しました。

しかし、開発の意図としては、最初に挙げた大元の計算式やスキルにあった問題を解決するのが目的であり、「完全にアップデート前の状態に戻す」のでは解決できないことが協議をしていく中で浮き彫りになってきました。

そのため、「完全に元に戻す」という方向ではなく、「システム上の限界を突破し、既存の問題点を解決しつつ、アップデート前のプレイ感を維持する」ことを目的とした日本での仕様を両者で決定し、2010年7月6日に実装いたしました。

しかしながら、完全に上記の目的が達成できている状況ではなく、その実現に向けて、現在もさまざまな調整を行なっております。

エボリューションプロジェクトやカンファレンスなどで随時、3次職アップデートに関する進捗をお伝えしていましたが、先に申し上げました協議の過程についての説明が不足しておりました。
大変申し訳ございませんでした。

今回の放送では、その目的に沿って、下記の項目につきまして経緯や進捗、現在の状態をご説明いたしました。

●日本独自仕様について
●ヒール回復量について
●経験値テーブルと職業間格差について
●優先度と修正順序が異なる点について
●ステータスおよびスキルリセットについて
●テストサーバーの設置目的について
●毒薬の瓶について
●MATKの問題解決に向けて
●養子キャラクターのステータスについて

なお、当日お話しした内容につきまして、発言内容の間違いや誤解を招く表現がございましたので、いくつか補足をさせていただきます。

●「質問への回答コーナー」につきまして
「すべてのご質問にお答えしました」と発言しておりますが、「出演者の手元まで届けられたすべてのご質問」という表現が足らず、誤解をお招きしてしまいました。申し訳ございません。
本コーナーは事前のご説明どおり、当日発表された内容に関するご質問のみお答えしておりました。
いただいたメッセージは900件以上ございましたが、重複したご質問や、内容の異なる投稿が多く、番組内でご紹介させていただいたもののみとなりました。

●MPKなどのハラスメント行為について
「取り締まりの担当者がいない」と発言しておりますが、「取り締まりの担当者が本日の放送に同席していない」が正しい表現であり、取り締まり業務はきちんと行なわれております。
こちらのページでご案内させていただいているとおり、嫌がらせを受けていると感じたら、まずはゲーム内で、当事者同士でお話しをしてください。
それでも解決しない場合は、Webヘルプデスクへご投稿ください。
「話し合いをしたが解決しなかったログ」も証拠になります。
また、ログ確認やパトロールでは「その時点で起きたこと」はわかりますが、「理由」の判断が非常に難しい点となるため、調査には多くの時間がかかります。
(例:過失なのか、故意なのか、故意であれば悪意があるのか。)

●アイテムのドロップ率について
「スキンオブシャドウ」のドロップ率につきましては、「現在は韓国と同じドロップ率」とご説明いたしましたが、実際は韓国よりも低いドロップ率となっております。
お詫びと訂正を申し上げます。
なお、アイテムドロップ率につきましては、アップデート実装時にプレイ人口に基づく適切なアイテムドロップ数を計算したのち、Gravityの企画チームにドロップ率を提案し、承認いただいた数値で実装しております。

生放送のため、行き届かない表現や事実誤認が発生してしまい、ご迷惑をおかけしたことを改めて、お詫び申し上げます。
今後も、反省点を踏まえて改善を行ない、より正確に情報がお伝えできるよう、また、安心して「ラグナロクオンライン」をお楽しみいただけるよう努力して参ります。

今回の放送に関するご意見や、「ここが知りたい」というご質問などは、Webヘルプデスクへご投稿ください。

【2011/02/02 追記】
なお、現時点において、Webヘルプデスクでお答えできない内容については、
改めてユーザーの皆様に情報を公開する場を設け、「3次職アップデート後の不具合修正とバランス調整」に
関して寄せられたご質問、ご意見にお答えしていく予定です。

今後とも「ラグナロクオンライン」をご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

放送内容

【2011/01/26 更新】
今回の放送では、ユーザーの皆様から多くいただいていた下記の項目について、
企画意図から今後の改善、現在の状況を運営チームがどのように考えているか、
などを項目ごとにお話しさせていただきます。

また、個々の項目についてお答えさせていただく前に、
「3次職アップデートとは何を目指したものだったのか」
「実装にあたって運営チームがどのようなことを考えていたのか」
といった部分について、公式サイトなどではお伝えしきれなかったことも多いと考え、
改めてお話しさせていただきたいと思います。
●経験値テーブルと職業間格差について
●ステータスおよびスキルリセットについて
●ヒール回復量について
●養子キャラクターのステータスについて
●テストサーバーの設置目的について
●毒薬の瓶について
●日本独自仕様について
●優先度と修正順序が異なる点について
※順不同
当日の放送は、アーカイブとして一定期間USTREAM内に保存されます。
 生放送を視聴できなかった方も、後日録画された番組を視聴できますので、
 ぜひご覧ください。

放送概要

放送日時

2011年1月29日(土) 15:00〜17:00(予定)

出演者

・執行役員ゲーム事業部オンライン本部長 飯野平
・中村聡伸
・山本兼寛

一覧へ戻る

PAGETOP