ニュース

ニュース

一覧へ戻る

結果発表! ラグナロクオンライン 20周年記念ユーザーアンケート第1弾

最終更新日:2022/12/22 掲載日:2022/12/22

ラグナロクオンラインの20周年を記念して実施したアンケートに、1669通ものご回答をいただきました!ありがとうございます。 20年間の思い出のつまった、皆さんの「好き」の結果を、順次発表させていただきます。第1弾は、「ユーザー属性(年齢・性別・プレイ年)」と、「好きなBGM」を発表!
アンケート結果の一部は、2月17日発売予定の「ラグナロクオンライン 20thアニバーサリーブック」にも掲載いたしますのでお楽しみに!

「ラグナロクオンライン 20thアニバーサリーブック」の詳細はこちら(外部サイトになります)

ユーザー属性調査

まずは基本のユーザー属性調査の結果から!性別、年齢と、プレイしていた年についての発表です!

性別

年齢

性別の比率については、過去に行ったアンケートなどの調査から大きな差はなく、およそ男女比が8:2となりました。
年齢は、30歳前後を境に急激に増加し、30代後半がピーク。そこから40代にかけて緩やかに下がっていく傾向が見えます。
20年前に高校生~新社会人だった方が、今ちょうど30代後半から40代になっておられると思います。
当初からプレイを続けてくださっている方の中には、人生の半分以上をROとともに歩んでくださっている方も多そうです。

プレイしていた年

プレイしていた年にチェックを入れていただいた質問ですが、大きくは、「初期からずっと続けている方」「3次職前くらいまで遊んでいた方」 「最近始めた、または復帰された方」に分かれる形でした。
なお、アンケート回答者のうち、13%が「21年(すべての年)」プレイしていただいておりました!

好きな楽曲Best30

ユーザーの皆さんに人気のBGMBest30を、思い出のコメントと共に発表いたします。
なお、「ラグナロクオンライン 20thアニバーサリーブック」の付録CDには、このランキングをもとにした楽曲が収録されますので、どうぞお楽しみに!
※各曲の紹介は、「BGMのファイル名の番号」「楽曲名」「その楽曲が流れる主なマップ」「楽曲にいただいたコメント」となります。
※楽曲が流れる主なマップについては、実装時期によって異なる場合があります。また、わかりやすさを重視し、正式名称ではなく通称を使用している箇所があります。
※いただいたコメント内の俗称や略称については、できる限り原文のままとしております。
※収録される楽曲数は未定です。
※都合により収録される楽曲が変更となる可能性があります。

  曲名 票数
1位 1 Title 412
2位 8 Theme of Prontera 140
3位 27 Dreamer's Dream 81
4位 113 Monastery In Disguise 66
5位 66 Wanna Be Free!! 58
6位 89 We have Lee but you don't have 46
7位 85 Dancing Christmas in the 13th Month 43
8位 12 Streamside 34
9位 170 Welcome to Doram town 33
10位 77 Can't go home again, baby 30
11位 4 I miss you 27
12位 3 Peaceful Forest 25
13位 13 Theme of Geffen 24
14位 14 Theme of Payon 23
15位 11 Theme of Morroc 22
  曲名 票数
16位 39 Theme of Al de Baran 20
16位 44 TeMP it Up 20
16位 70 Theme of Juno 20
19位 74 Not so far away 18
20位 76 Purity of your smile 16
21位 20 Ancient groover 15
22位 26 Everlasting Wanderers 14
23位 5 Tread on the ground 11
23位 30 One Step Closer 11
23位 130 Dread and Bold 11
26位 102 Erebos' Prelude 10
26位 111 Good Morning 10
26位 163 Lost souls 10
29位 69 Retro Metro 9
29位 92 Naive Rave 9
30位 101 AbSolitude 8

1位(412票) <1> Title(ログイン画面)

・ROといえばこれ。Theme of Pronteraも好きだけど、初めて起動した時のドキドキ感は今でも思い出せる。
・多分一番聴いていた曲だというのと、復帰してから再び聴いて帰ってきたなぁと思ったため。
・ログインゲームとか色々な思い出がありますが、やはりこの曲を聴くと「ラグナロクやってる」感が一番あります。遠い未来やまだ見ぬ何かを彷彿とさせる少し切なくて透明感のある音が、いつまでも何度でも聴いていたくなります。
・好きなBGM大量にあって困りますが、始まりにして最初の音楽。この画面で初めてログインするときのわくわく感は今も褪せないです。
・ゲームに接続できないことが日常茶飯事だった初期からの馴染みがあまりにも深すぎました。他にも好きな曲はたくさんありますが、Titleを不意に耳にした時の「うっ」と様々な記憶が溢れかける危ない感覚は、今後も他では味わえない気がします。ラヘルの聖域クエストでTitleが流れた時もすごく心の中で盛り上がりました。

2位(140票) <8> Theme of Prontera(首都プロンテラ)

・なんだかんだで親の声より聴いているBGM。再開した時の懐かしさと言ったらもう。
・間違いなく一番聴いたBGMであり、露店巡りや精算時など様々な用途でプロンテラに行く事があり、復帰した時もこの曲を聴いて一番懐かしさを感じたから。
・プロンテラのBGMを聴くと、「あぁ、帰ってきたな~」と、ゲーム内での狩り等からの帰還・リアルからROに還ってきたんだ、というダブルミーニングで「帰ってきた」感があり、しみじみ。
・ROと言えばコレ。狩場から帰ってきたときに聴いてほっとするし、たまり場で雑談中もずっと聴いてて、露店中もこれ聴いてて飽きない。
・ここから通算20年の冒険が始まりました!

3位(81票) <27> Dreamer‘s Dream(ミョルニール廃坑)

・スケルワーカーカードが高額カードだったころ、レベル上げと一獲千金を夢見てミョルニール炭鉱に籠っていた。まさしくタイトルがハマった良い曲だと思う。
・初期のころからなぜか気になる楽曲で、そう思った人が多かったのかたくさんの空耳やフラッシュ動画等も作られて印象深い曲。
・ミョルニール廃坑が大好きで、スケルワーカーカードも欲しかったので籠もりまくりました。鉱石で地道に稼げてレアも狙えたので、とりあえずどの職でも廃坑に通いました。BGMがノリノリなので狩ってて楽しかったです。何時間でも狩っていられました。
・ワイのワイフにSoフレッシュ OH!!!!!!!!!!!
・廃坑3Fでみんなと座りながら狩りするのが好きだった。

4位(66票) <113> Monastery In Disguise(修道院(名もなき島))

・特にイントロの部分からラスダンぽい雰囲気が感じられるから。
・完成度が高すぎる。当時このBGM聴くために名無しPTに参加してた。
・とにかくカッコいい!長いクエストを終えてようやく狩場に辿り着いたあとのご褒美ソング♪学生時代、リア友と一番レベル上げした最盛期の思い出は今でも忘れない!みんな元気にしてるかなぁ。
・通い詰めた名もなき島のBGM。前衛、支援、後衛とPTは一番楽しかった。
・ROを友達と再開した時、最終狩場だったため憧れがあった。

5位(58票) <66> Wanna Be Free!!(攻城戦)

・昔から今を通して永遠の推し曲です。今聴いてもあの入りからすでにドキドキワクワクする感情が湧き上がりますし、神曲多いROの曲の中でも一番愛おしくてテンションの上がる曲です。知っている人にも知らない人にもROと言ったらコレ!とオススメしたい、オススメ出来る良曲だと思っています。
・皆で砦を落とそうと切磋琢磨していた攻城戦を思い出すから。今でも共に戦っていた仲間のことは忘れられません。
・昔からGvGを大人数でプレイすることに憧れていましたが、あまり機会に恵まれず、BGMだけ聴いてテンションを高めていた思い出があります(笑)。明るい曲調の中に一種の切なさを感じる箇所もあり、いつ聴いても色あせない鮮やかさを感じるのが魅力的です。
・初めて迷い込んだMAPで聴いて高揚感が止まらなくてすごかった。そしてサンバカーニバルでそれに合わせて踊ったことをどうして忘れられますか!
・この曲のイントロが流れるだけで日曜日の20時を思い出します。GvGで初めてのギルド同士がぶつかり合う対人戦ってのでギルドの団結感をとても感じました。この対人戦をする事になってから強い人の名前などを覚えていったり、装備などを念入りに考えるようになりました。攻防戦を繰り広げてからの皆で勝ち取った勝利は、休日最後のお祭りみたいな感覚でした。

6位(46票) <89> We have Lee but you don‘t have(ジュピロス廃墟)

・突き抜けるような爽快感が聴いていて気持ちがいい。当時実装されて敷居が高い、上級者のダンジョンというイメージのジュピロスDでこの曲が流れて、その場にいることに高揚した。
・タナトス7Fの臨時が流行ってた時はこの曲だったんだよなぁって。タナ~名無しのころが臨時がアツかった。
・出だしのズンッズンッという重みの深い曲調が当時新しく実装されたジュピロスマップがどんなところなのかと見に行ったときのワクワク感と緊張感の思い出も含めたマイ・フェイバリットです
・イントロからかっこよすぎる。今も昔もこれが一番好き。ヴェナートたちの足音でわりと掻き消されてしまうとこも好き。
・ジュピロスDのBGMを聴くためだけに毎回ダンジョンに潜り隅っこに隠れて聴いていたため。追いかけるようなメロディや掛け合いのあるメロディはとてもきれいで、繊細で、かっこいい曲なので今でもよく聴いています。

7位(43票) <85> Dancing Christmas in the 13th Month(ニブルヘイムフィールド)

・転生実装後は相方とニブルヘイム(ギョル渓谷)でのペア狩が多く、これを聴くと狩らなきゃ…みたいな感覚になれます。
・テンションが上がる曲です!昔はニブルヘイムでクリアサさんと狩りをしてました。
・ROのBGMはみんなすごく良い中で、Dancing Christmas in the 13th Monthが一番でした。みんなでLv上げしたり、転生実装時Meプリでソロ転生目指したりで、転生後もMeでLv上げしたりで、BGMが好きでモチベも保てていい思い出でした。 当時から今でも1番好きなBGMです。
・多分ニブルのアップデートが最強。バンジーで苦労して入って、仲間を待っている間に寝てしまうという罠が大好きでした。そのため、皆で運良く簡単に入れてこの音楽がさらに盛り上げてくれる。
・黒猫の人形を集めるために通っていたのがいい思い出です。

8位(34票) <12> Streamside(プロンテラ周辺)

・臨時の募集を募る場所と言えばプロンテラ南MAPで、そのMAPでのおなじみのBGMです。 何時間耳にしたか分からないくらい聴いてます!(笑)
・ROを始めた時にプロ南でよく聴いていて、復帰したときもこのBGMを聴いて昔の思い出が蘇ったため。
・今はもういない、かつての相方と二人で語り合っていたのが、プロ西の川のほとりでした。そのため、プロ西BGMのStreamSideが今でも好きな曲です。
・ROを始めたころの初心、はじめてのポリンカードをだしたこと、たまり場でくだらないおしゃべりをしていたこと、聴くと情景が浮かんできます。
・元々いたワールドがSaraで、臨時公平広場がプロンテラ南でよくこのBGM聴きながら仲間と雑談していて今でもいい思い出です。ただROのBGMはいい曲がありすぎて、サントラ買わせていただいたほど、どれも好きです!

9位(33票) <170> Welcome to Doram town(ラザーニャ)

・ゲーム音楽にそこまで関心がないのですが(そもそも普段BGMOFFにしているくらい)、この曲だけは思わず口ずさむくらいにはインパクトのある曲だから。
・中毒になりそうな位可愛い曲だから。
・ニャーニャー言ってて可愛い。ニャー。
・脳内に入って来て小さい悩みならなくなる楽しい曲だからです。
・ずっと聴いてると、病みつきになるよね。中毒症状が…。

10位(30票) <77> Can‘t go home again, baby(アマツダンジョン)

・自分が忍者という職をやり続けていることもあって、ノリの良さも含めて気に入っています。最初おどろおどろしい感じで出てきて、サビで恰好良く決めて、終盤闇夜に消えるように去っていく、という展開がイメージできるのも素敵です。アマツの町のBGMもサビが似てるので聞き比べるのも楽しいです。
・アコの聖地アマツダンジョンが最盛期の頃が、私の一番輝いていた時代だと思う。たくさんの人を育成したり、触れ合ったり、助け合ったりが盛んで本当に何をするのも楽しかった。毎日のように畳Dに通ってたから、プロンテラのBGM以上に聴いていたと思う。
・アマツはみんなの故郷。アマツダンジョンは聖職者が最も通った場所でいつまでも耳に残っているんです。
・遥か昔の、2次職まで実装されていた時代では、アコライトを作ったら誰もが畳で聴いていたBGM。サビのメロディが凄い好きです。Youtubeにあるオーケストラ(外部サイトになります)のもとても良かったです。

11位(27票) <4> I miss you(プロンテラ南西(09~11)) ・今でもたまに聴くほど印象に残っている。サービス終了時にはこのBGMが流れるMAPで終わりを迎えたい。
・悲哀さがあるような、でも温かいような情緒溢れる感じがとても好きです。
・好きな曲はたくさんありすぎて選べませんが、I miss youは、まだプロ南西にエルダーウィローがいてレベル上げと古木の枝での金策をしていた頃にずっと聴いていた、初期の思い出の曲だからです。今でもこの曲を聴くと、脳内でエルダーウィローの絶命の声が再生されます。
12位(25票) <3> Peaceful Forest(フェイヨン迷いの森) ・最初の方のキャラ育成は殆どフェイヨンの下マップにて行っていたので頭にこびりついています。ラグナロクオンラインと言えばコレというくらい脳内再生されます。
・ポリンで始まり、ポリンで終わる。
・初めて作ったノービスの出身地がアルベルタで近い森のBGMがこれだったように思う。マップは森のそんなに明るく無い森に思えたけれどBGMのおかげでのんびりした雰囲気が好きになった。
13位(24票) <13> Theme of Geffen(魔法の都市ゲフェン) ・β1にて最初に作った子が生まれ落ちた街。落ち着いていてしっとりとした曲調、そしてどこか異国情緒漂うこの曲をROを始めて最初に聴いた衝撃と感動は忘れません。
・ゲフェンをたまり場にしてるギルドに長く所属していたから、一番聴いてるBGMだと思います。
・ROで一番好きだった時代を過ごした街のBGMです!
14位(23票) <14> Theme of Payon(山岳の都市フェイヨン) ・ゲームを始めて20年、ずっとフェイヨンをホームに冒険してきました。穏やかな緑と川のせせらぎをイメージできる、まさに帰る場所を感じさせる一曲です。
・ROが一番面白かったころ、仲間と一緒にいた場所の曲、リアルでもいろんなことがあったけど、ここが自分の家のように思ってた頃があった一番思い出深い曲だから。
・ROを始めた初期に拠点にしていたフェイヨン弓手村のBGMだからです。当時はフェイヨンから外に出るのが怖く、カプラも弓手村でしか使用しなかったのでカプラ転送も知りませんでした。1ヵ月ほどフェイヨンダンジョンと弓手村だけで過ごしてから、稼いだ現金を持ってプロンテラに行きましたが、人の多さと露店の数に圧倒されて買い物を済ませたら弓手村に戻りました(笑)。拠点にしていたのは半年ほどですが、今でもこのBGMを聴くと家に帰ったような気持ちになります。
15位(22票) <11> Theme of Morroc(砂漠の都市モロク) ・初めて入ったギルドの溜まり場がモロクで、このBGMを聴きながら夜な夜なチャットで盛り上がってたあの頃を思い出して。
・シーフが最初に遊んだキャラで一番思い出があった。モロク周辺でレベル上げ。ピラミッド内部で転職。当時、モロクの街にいる時間が長く、よく聴いていた曲なのだ!
・ギルドの溜まり場としていた街のBGMでいつ聴いても懐かしい。
16位(20票) <44> TeMP it Up(グラストヘイム騎士団内、グラストヘイムメモリアル) ・数年前、自分と両親で何度も挑戦してやっとクリア出来た時の嬉しさで一番記憶に残る曲だからです。
・グラストヘイムメモリアルダンジョンは初めてしっかりと攻略したMDで印象深いです。ギロチンクロスで潜りながら釣りをして少しずつ処理していき、ボスは壁を背にしながらなんとか耐えて頑張っていました。今ではサクッと攻略できますが攻略性が強く印象に残っています。
・思い出のダンジョン。レイドリックに攻撃されるとひとたまりもなく、当時ナイトで「オートカウンター」を使って必死に戦っていた。行く前から曲が気になっていて(BGMフォルダから聴いていた)、実際行って思い出も相まって好きになった。
16位(20票) <39> Theme of Al de Baran(国境都市アルデバラン) ・アコースティックギターの落ち着いた雰囲気が特に好きな理由。放置する時もひたすらアルデバランでこの曲を聴きながら過ごしてた。
・19年前にラグナロクオンラインを始めて、聴いた時からずっと好きで聴き続けています。何度ループして聴いてても飽きない。この曲大好きです。また、個人的な思い出補正もあるのですが、アルデバランで過ごした昔の光景が思い浮かべられて気分が沈んだ日などに聴くと気持ちがすっきりし、明日もがんばろうとなれます。作曲者と運営の方々素晴らしい曲を提供してくれてありがとうございます。
・曲として完成度が高いこと。あとは初めて聴いた時の思い出。まだアルデバランの街中に何もない実装直後、臨公を立てて遠足として見学にいったこと。何度も死に戻りしながら到着した際にこの音楽が流れてきて、達成感とともに感動しました。
16位(20票) <70> Theme of Juno(首都ジュノー) ・RO中で一番壮大さを感じる曲だと思います。オーケストラでも映えますね。
・最初は前半の荘厳な印象が強く、あまり好きなBGMではありませんでした。しかし、神器クエストやセージ転職クエスト等を通して最後まで聴く機会が増えてくると、後半の哀愁を帯びた部分が耳に残り、段々と好きになっていきました。若干ダークなゲーム内シナリオや人間模様ともマッチしていると感じるのも理由の1つです。あとはやはり、初転生時の思い出は何ものにも代え難いものがあります。
・昔、転生するのが難しかった頃、レベル上げを頑張ってやっと転生が出来る!となった時に、色々な思い出を胸にジュノーに向かい、この曲を聴きながら新しい職業に胸を膨らませてワクワク、ドキドキしながら転生ロードを歩いて、ヴァルキリーの元へ…。そんな思い出のある、苦労したからこそ心に残る曲だと思いました。
19位(18票) <74> Not so far away(神仙の島コンロン) ・ピアノソロから始まる前奏、郷愁にかられるサビの旋律が素晴らしい。雲の上にあるコンロンの立地も手伝って、いつまでも聴いていたい名曲。
・コンロンの浮島が好きで、浮島の切り株に座ってこのBGMを聴きながらお酒を飲むのが、毎年アニバのカウントダウンが終わった後の個人的な恒例行事になっています。
・コンロンの街並みも好きで、昔はよく夜遅くまでチャットして楽しんでました。現地で知り合った、アサシンとローグとプリのトリオで朝まで話ながら桃木を倒してたのも記憶に残ってます。
20位(16票) <76> Purity of your smile(泉の国アマツ) ・アマツにギルドのみんなとお花見に行ったことを思い出します。
・アコで籠ったアマツのBGM。わたしの青春時代。
・最初にラグナロクオンラインをプレイした時、教えてくれた人がアマツが好きだったのでよくそこでお話してたのもあり、当時からプリースト職をしておりアマツのポタを取りよく畳ダンジョンに通っていたのもありました。今も相方と一緒にアマツに行き、のんびりお話したりしています。
21位(15票) <20> Ancient groover(フェイヨン地下洞窟) ・始めたての頃、当時のリアル友達に誘われた所がフェイヨンダンジョン内でたまり場になってた時、いつも聴いてたのがこの曲で好きな曲だった気がします。
22位(14票) <26> Everlasting Wanderers(衛星都市イズルード) ・私は1stが剣士でした。イズルードに産まれそのままイズルードのギルドにお世話になっていたため初期ギルメンを思い出します~。倉庫を開けるのに30z必要なのを知らず、ギルメンに「倉庫が急に開けられなくなった!!」と相談したら「お金ないからだよ」とそのまま1000z貰ったのはいい思い出です。
23位(12票) <30> One Step Closer(初心者修練場) ・このBGMといえば今は無き初心者修練場。 今はもう冒険者アカデミーというシステムになりましたが、初めてROという世界に足を踏み入れた時に出迎えてくれたこのBGMと修練場の相性は正にピッタリで、当時の私はドキドキとワクワクの連続でした。 修練場の中央フィールドにいた可愛いポリンをポカポカと叩いてた時もよく覚えてます。 適性検査も内容が面白く、初めてやった時は素直に回答したらシーフが選ばれましたが、先にプレイしていた兄がすでにやっていた職だったため、攻略本で見た立ち絵の鷹と狼がカッコイイ!と一目惚れしたハンターを目指してアーチャーになり、今でも一番の愛用キャラとなりました。 また環境やPTの都合により魔法系も欲しいとなった時に再び適性検査をした際には、ふざけて『自分の性格の逆を回答すればそれは実質不向きなのでは?』と回答したら見事にマジシャンが選ばれて皆で大笑いした良い思い出です。
24位(11票) <5> Tread on the ground(プロンテラ北) ・ゲーム開始した頃の冒険がはじまるワクワク感と木漏れ日のおちる森を進むような穏やかさ、世界観を感じる曲。
24位(11票) <130> Dread and Bold(ニーズヘッグの巣) ・ニーズヘッグが落とすスキンオブシャドウがめちゃくちゃ欲しく、何度かチャレンジしましたが強敵という印象が強く、ニーズヘッグの力強さを表現した様なBGMで好きです。
26位(10票) <163> Lost souls(最後の部屋) ・哀愁漂うピアノのメロディとジュピロスの哀しいシナリオが重なって、完成度が高い。
26位(10票) <111> Good Morning(名もなき島イベント) ・明るく爽やかなBGMと思いきやそれに隠れたバックの不穏漂う旋律が、「名も無き島 朝」を見事に表していて素晴らしいと思います。 使用されている場所でのクエスト内容を考えるとBGMタイトルも皮肉が効いているのがポイントですね。
もちろん背景を考慮しなくても、曲単体でも非常に完成度が高いものだと思います。
26位(10票) <102> Erebos‘ Prelude(タナトスタワー) ・「これから出陣するぞ!」っていう意気込み差を感じられるため。
29位(9票) <101> AbSolitude(キル・ハイル邸) ・大好きな「キル・ハイルクエスト」のBGMだからです。これを聴くと未だ眠り続ける彼女の姿が脳裏に浮かびます。
29位(9票) <92> Naive Rave(生体工学研究所) ・生体工学研究所の不穏なダンジョンとバックストーリーに合っている。
29位(9票) <69> Retro Metro(ウンバラダンジョン) ・テンポの良いイントロから壮大なメロディが気分を盛り上げてくれるから。当時まだあったウンバラDにこれを聴くためだけに行ったりもしました。
30位(8票) <108> Angelica (タナトスタワー) ・非常に盛り上がりに富み、いよいよ高難易度のエリアに突入したという高揚感を感じさせる音楽で、実装直後から好きなBGMの一つです。

好きなBGM・運営チームより

皆さんの思い出と共に残る懐かしい1曲に、たくさんの熱いコメントをいただきました。
ちなみに、2019年に実施した、「東京ゲームタクト×ラグナロクオンライン」楽曲リクエスト投票では、「Monastery In Disguise」「Wanna Be Free!!」「Theme of Prontera」の3曲がベスト3となりました(「Title」は演奏が決定していたため投票から除外)。
今回も、5位の「Wanna Be Free!!」までに票が多く集まり、6位以下が徐々に僅差という形になりました。
懐かしさから古いBGMがランクインする傾向にある中、健闘したのが2018年実装のドラムの街・ラザーニャの曲。コメントに「中毒」という単語が頻出しているのも特徴的でした。
興味深いのが、13位から16位まで、初期から実装されていたゲフェン、フェイヨン、モロク、アルデバランと、街のBGMが1、2票差で並んだことです。

このページを共有する

  • Twitter
  • Facebook
  • LINEで送る

一覧へ戻る

ページトップへ