ラグナロクオンラインロゴ

夢幻の迷宮~ゲフェン地下大空洞~

過去最大規模のダンジョンに眠る伝説級の武具を見つけ出せ!

先行プレイ期間:2017年2月14日(火)定期メンテナンス終了~2017年3月14日(火)定期メンテナンス開始 イベント期間:2017年3月14日(火)定期メンテナンス終了~

強敵うごめく迷宮に挑め!戦いの果てにキミが手にするものとは……

  • 挑むたびに構造が変化!出現モンスターやマップのパターンは無限大 意外なキャラクターが出現することも!? ダンジョンについて詳しく見る
  • 最恐のMVPモンスターが集結!強さもドロップアイテムも超グレードアップ カード狙いのチャレンジもアツい!
  • 唯一無二のアイテムが手に入る!複数の追加効果がランダム付与された状態で出現する新武具「ディーヴァ」「ミラージュ」シリーズ登場! アイテムについて詳しく見る

プロローグ

突如としてゲフェンに出現した、巨大な迷宮。
誰が流したのかはわからないが、
いつしか大陸中にこの迷宮のウワサが流れるようになった。

……あそこにはすごいお宝が眠っているらしい。

そのウワサは、冒険者であるアナタの耳にも当然のように入ってきた。
ウワサは本当なのか。
アナタはその身をもって知ることになる。

迷宮調査団募集員(プロンテラ 116,79)

彼に話しかけると「夢幻の迷宮」調査キャンプに移動できます。

テーマ曲

塔を駆ける律動(リズム)
楽曲ダウンロード
  • データ形式はMP3です。
  • お客様のご利用環境によっては正常に動作しない場合があります。
  • ダウンロードしたデータについて、その完全性・正確性・有用性・信頼性等に関して、当社はいかなる保証もいたしません。
  • ダウンロードしたデータは、ラグナロクオンライン著作物利用ガイドラインに沿ってご利用ください。
ラグナロクオンライン著作物利用ガイドライン

テーマ曲担当:なるけみちこ氏

楽器店勤務を経て1990年に(株)日本テレネットに入社、ゲーム音楽制作を始める。その後独立しフリーの作曲家として「ワイルドアームズ」「ノーラと刻の工房」「大乱闘スマッシュブラザースX」をはじめ多数のゲーム音楽、サウンドトラックCDを制作。

2013年より自主制作CD「Feedback」シリーズなどを定期的にリリースするほか、オーケストラ公演、アイリッシュ音楽を想定したバンド編成のライブ、TVドラマやニュース番組、声優やアーティストへの楽曲提供、テーマパークの音楽制作、小学校の校歌作曲など多方面で活動中。

2013年11月、ラグナロクオンラインのサウンドをテーマにした特別パッケージ「Ragnarok Online Elemental Tunes」においてスプレンディッドフィールドのBGM「Splendid Dreams」のアレンジを担当。また、ガンホーが2012年より出場している浅草サンバカーニバルにおいて、ガンホーのゲームBGMをリアレンジしたダンス楽曲の制作チーム、およびバテリア隊の演奏に毎年参加している。
2015年12月、ラグナロクオンラインの13周年記念ソング「Anniversary!」の作曲を担当。
2016年5月、リベリオンのテーマソング「鉄荒野の2丁拳銃」の作曲を担当。

こんにちは。なるけみちこです。
今回はROのゲフェンダンジョンで流れていた「Through the tower」をアレンジさせていただきました。
既に良いアレンジがいくつも存在しているのでちょっと怯みましたが……、
原曲の第一印象から「フラメンコ……」と思いつき、そのまま怒濤の勢いで進めました。
これは打ち込みでは限界があると思ったので、各パートを素晴らしいプレイヤーさんにお願いしました。

  • フラメンコギター:池川寿一さん
    フラメンコは舞踏音楽ということもあり、激しいリズムを表現するのに独特の奏法が用いられます。
    熱情的でカッコいいフレーズの数々は、池川さんの情熱的な人柄どおり。
    すっかりハートをわしづかみされました!
  • パーカッション:寺田典子さん
    今回はカホンという木箱のような楽器で、フラメンコのリズムを掻き立ててもらいました。
    もーカッコよくて惚れた……。日本のゲーム音楽をひっさげでワールドツアーを展開している
    ボストンのVGO(ビデオゲームオーケストラ)でも大活躍中の彼女。
    2016年のガンホーアミーゴス(サンバ隊)にも参加しておられます。
  • ヴァイオリン:土屋玲子さん
    イトケンバンドやECO、ケリ姫のアニバーサリー曲でも演奏している玲子さん。
    今回は叙情的だけど鋭さのある演奏で、フラメンコの雰囲気に寄せてグッと引き立ててくれました。
    この曲を赤いドレスで演奏しているところを観てみたいな〜。

原曲とはイメージがだいぶ違いますが、再び「Through the tower」と共にROの世界で楽しんでいただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。